【宇随天元の生い立ち】性格・体格・何歳なのかも調査した!

こっちを見る宇髄天元

『鬼滅の刃』の音柱・宇髄天元(うずいてんげん)のド派手さはファンの間で有名です。

見た目ももちろんですが、中身もかっこよくド派手なお祭り男なイメージですよね!

そんな音柱・宇髄天元は

  • 性格は昔から派手だったの?
  • いつ鬼殺隊に入隊したのか?
  • 3人の嫁といつ結婚したのか?

気になる生い立ちや経歴を調査しました!

最後までご覧くださいね!

宇随天元のド派手な生い立ち

刀に手をやる宇髄天元

宇髄天元が生まれたのは忍びの家系で、次世代の頭領となるよう育てられてきたようです。

上弦の陸(ろく)「堕姫(だき)」に

「忍びなんてとっくに滅んでいるはずでしょ!」

といわれているように、大正時代には忍びはすでに衰退していました。

天元には、9人の兄弟がいましたが、生き残ったのは天元と二つ下の弟の二人だけです。

宇髄天元の父親が子どもたちに厳しい修行を強要してきました。

父親は他人の意見に耳を傾けないような無機質な性格で、そんな父親をみてか

「俺はあんな人間にはなりたくない」

と宇髄天元は忍びをやめたそうです。

鬼に対して特に恨みはなく、里を出てからお館様と出会います。

今までの命の償いをしたいと考え、そこから鬼殺隊に入隊しました。

宇髄天元には3人の嫁がいます。

  • 雛鶴(ひなつる)
  • まきを
  • 須磨(すま)

時代は大正の日本であり、すでに一夫一妻制。

が、宇髄天元のいた忍びでは、一夫多妻制で、15歳の時に3人の嫁を持つことになっていました。

一族が相性を考えて選ぶそうで、恋愛結婚ではないですがとても大事にしているのが分かります。

忍者の相手なので嫁は「くノ一」ということになります。

宇髄天元の年齢

ド派手な性格と見た目の天元ですが、一体いくつなのか調べました。

10月31日生まれで登場時の年齢は23歳です。

そ体型は、198㎝の高身長で体重は95キロ。

実はメジャーリーガーの大谷翔平さんとほぼ同じ体格なのです。(193cm/95kg)

あまり現実にはいないような完璧な背格好で、イケメン!

人気の一つでもありますね。

23歳ですが、柱の中では2番目に高齢です。

ちなみに最高齢は、岩柱・悲鳴嶼行冥で27歳です。

宇髄天元の性格はド派手

叫ぶ宇髄天元

では、忍びとは反対ともいえる宇髄天元の派手さはいつからなのか?

実際いつからという記載はなかったですが、鬼殺隊に入ったときにはすでにド派手でした。

忍びとして、陰に隠れて地味に生きてきた反動で不満爆発し、今の派手さがあるようです。

炭次郎たちにも、

「いいか?俺は神だ!お前らは塵だ!まず最初はそれをしっかりと頭に叩き込め!ねじ込め!!」

というほど、自分に自身があり傲慢さがあります。

しかしながら、命の優先順位を

「まずお前ら三人(嫁)、次に堅気の人間たち、そして俺だ」

という場面もあり、とても愛妻家であるのが分かります。

話す宇髄天元

そんな宇髄天元の趣味は嫁と温泉巡りで、秘湯探しなんだとか!

私も温泉が好きなので、すごく羨ましいです。

奥さんたちを大切にしていることがよく分かりますね。

まとめ

宇髄天元は、忍びの家系で次世代の頭領として育ってきました。

しかし、父親との考えに納得できず、忍びをやめています。

里を離れてからお館様と出会い、鬼殺隊に入隊しました。

忍びの、陰で地味に生きてきた反動で、鬼殺隊ではド派手な性格になっています。

傲慢なセリフもありますが、自分よりも嫁を第一に大切にする愛妻家。

198㎝の高身長で、性格は傲慢かつ愛妻家。しかも見た目もかっこよいいとはいうことなしですね。

⬇⬇宇髄天元の関連記事はこちら⬇⬇

【辞めるってよ】鬼滅の刃の作者が引退!?理由を徹底調査!

【兄妹愛が泣ける…】上弦の六(ろく)妓夫太郎・堕姫の生い立ちを解説

【〇〇億円】吾峠呼世晴の年収がヤバい…!鬼滅作者・現在の収入を調査!

音柱・宇髄天元のかっこいい名言・セリフ19選!【鬼滅の刃】

【マニアック】宇髄天元の日輪刀・色や鍔を徹底的に調査してみた!

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事