【辞めるってよ】鬼滅の刃の作者が引退!?理由を徹底調査!

吾峠呼世晴

鬼滅の刃の作者「吾峠呼世晴」さんが引退?

漫画、アニメ、映画の全てから大ヒットを出した鬼滅の刃作者の吾峠呼世晴さんが引退と困惑する情報が流れて、それは真実なのか!?

人気絶頂で鬼滅の刃連載が終了し、次回作への期待も高まっていたという時に何故引退説が流れるような事が起きたのでしょうか。

本当に引退してしまうのか、理由を徹底調査していきたいと思います。 

鬼滅の刃作者の引退理由①実家に帰らなければならない

ワニ先生

鬼滅の刃の作者は、年齢や発表作などの情報は流れているもののまだ闇に包まれている部分がありましたが、オンライン週刊文春が気になる記事をあげていました。

「ネット上では様々に噂されてきていましたが、実は作者は女性です。家庭の事情もあり、長く東京で漫画家生活を続けることはできないみたい。連載終了のタイミングで実家に帰るのではと囁かれています」

オンライン文春引用

その他にも、「家庭の事情もあり、長く東京で漫画家生活を送る事ができないみたい」との内容も。

文春では引退とは書かれていませんが、

“連載終了のタイミングで実家に帰る”

と言っていることから引退するのではないか?とネット上で噂になりました。

実家に帰る理由として考えられるのは、3つ。

  • 結婚
  • 妊娠
  • 介護

結婚する

鬼滅の刃作者の吾峠呼世晴さんは女性ということと、今年31歳という年齢で結婚するにはとてもいい年齢ですよね。

仕事もひと段落し、結婚を機に引退を…と考えるのも分からなくはないです。

妊娠説

その次に、結婚は既にしており妊娠が発覚したのではないか!?という考えです。

妊娠した事で実家に帰り、慣れ親しんだ環境で生活する事を選んだのでしょうか?

確かに妊娠・出産をして漫画家として今まで通り仕事をこなせるかというと難しいと思います。

吾峠さんは漫画に対して強い熱意がある方なので、中途半端になりたくないという思いで引退を選ぶのかもしれません。

親の介護

吾峠さんのお父さんは鬼滅の刃執筆中にお亡くなりになったとこれも噂になりました。

真偽は分かりませんが、そうであれば介護が必要なのはお母さんということになります。

お母さんの体調など優れず心配になり実家に戻る事を決めたのでしょうか。

介護をしながら漫画家として活躍するのは心身ともに大変になってくるし、お母さんへのサポートを考えると漫画家を続けられないと考えたのかもしれませんね!

鬼滅の刃作者の引退理由②燃え尽き症候群

今回の鬼滅の刃が完結した事で漫画家としてのモチベーションが低迷し、燃え尽き症候群になってしまったのではないか?

という説です。

アニメ化や映画化でよりファンは増加して、原作の売れ行きも上がった事でそれはそれは忙しい日々を過ごしていたでしょう。

その中ひたすら鬼滅の刃を読んでくれるファンの為に吾峠呼世晴さんは力を使い必死に頑張ってここまできた事で”完結”したことにより、

次回作へ移れるほどの気力が出ないほど燃え尽きてしまい引退を考えたのではないでしょうか。

考えてみれば、鬼滅の刃の源流は吾峠さんがデビューした2013年に出した【過狩り狩り】から始まり、2015年の【鬼殺の流】、主人公の変更、鬼滅の刃とネームを決め今があるのです。

8年以上の月日が流れて鬼滅の刃は作られていると考えると、燃え尽きてしまうのもわかる気がします。 

鬼滅の刃作者の引退理由③稼ぎまくった

高収入を手に入れたことで引退を視野に入れたのではないかという説です。

漫画・アニメ・映画、その他にもグッズやコラボ商品などもあり、この2年間で数十億以上のお金が収入としてはいったと言われています。

▶【〇〇億円】吾峠呼世晴の年収がヤバい…!鬼滅作者・現在の収入を調査!

31歳という年齢でそれだけのお金を手に入れたら、普通の生活を過ごしていれば生涯困る事なく暮らしていけるはずです。

それは、本人だけでなく家族も一緒暮らせるでしょう。

実家に帰る理由としては家族の大切な時間を過ごすのもあるのかもしれません。

私ならそれだけのお金を手に入れたら、仕事しないで好きな事に時間を使い過ごしたいですね。

まとめ

今後の鬼滅の刃はどうなるのか?

漫画も完結した今、引退は濃厚なのだと思います。そ

れが、急なのかはたまた1年後なのかは分かりませんが、吾峠さんの気持ちが固まり次第引退の流れになるのではないでしょうか。

1ファンとしては、次回作やスピンオフ的なその後の鬼滅の刃を描いていただきたいと熱望するのですが、それも夢のまた夢ですかね。

実家に帰らなくてはいけない理由が落ち着いたらきっと漫画家の舞台に戻ってきてくれる事を私は願います!

ですが、本当に漫画への熱が冷めてしまったのであればそこから戻ってくるのは大変だと思います。

どの理由にしろ素晴らしい漫画を残してくれた吾峠さんの決めることなので悔いがないことなのでしょう。

そんな吾峠さんをどんな形でも応援し続けましょう!

⬇⬇そんな宇髄天元の関連記事はこちら⬇⬇

【兄妹愛が泣ける…】上弦の六(ろく)妓夫太郎・堕姫の生い立ちを解説

【マニアック】宇髄天元の日輪刀・色や鍔を徹底的に調査してみた!

音柱・宇髄天元のかっこいい名言・セリフ19選!【鬼滅の刃】

【宇随天元の生い立ち】性格・体格・何歳なのかも調査した!

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事