<えいごであそぼプラネットTOP英語教育は幼児期が始めどき!

英語教育は幼児期が始めどき!

子どものうちに英語に触れるメリット

『日本語にはない、英語特有の音を聞き分ける力が身につきます』

英語教育のスタートは、早い方がいい...その理由は、言語の「音の体系」です。英語には、日本語にない音がたくさんあります。小さいころからたくさんの英語を聞いていると、それらを聞き分ける力が身につくのです。

例えば、日本人は「la」と「ra」の聞き分けができないといわれますが、これは、日本語にはもともと「ラ」という1種類の音しかないためです。小さいころから英語の音にふれていれば、「l」と「r」を聞き分ける力がつくので、このような問題が起きにくくなります。

写真

幼児英語教育に必要な3つのポイント

1.英語の音に慣れること

まずはCDやDVDでたくさん英語を聞いて、その音に慣れましょう。「英語特有の音を聞き分ける力」が養われていきます。

さらに、一緒に歌ったり、アニメーションのせりふをマネして言ったり...たくさん聞いて、それをそのまま繰り返す。そうすることで子どもは英語の音をどんどん吸収し、これが自然な発音にもつながっていきます。

写真

2.体を動かしながら英語にふれること

手先や体を使いながら英語にふれることで、英語のイメージが身につきます。例えばUP/DOWNなど、言葉を言いながら体で表現してみましょう。

歌もただ聞いたり歌ったりするだけでなく、体を動かしながら、ダンスしながら歌うと、よりいいでしょう。全身を使うことで、日本人にとって難しい英語のリズムも体得していくことができます。

写真

3.あそびの中で英語にふれること

子どもが英語を好きになるような環境づくりが大切です。続けるためにも、楽しく自然な形でたくさん英語にふれられるようにしましょう。

歌やゲームなど、あそびから入るのが一番です。おうちの方が「教えよう」と思う必要はありません。親が楽しくあそんでいれば、子どもも安心してやるようになるでしょう。家族みんなで、英語あそびを楽しんでみてください。

写真


英語でコミュニケーションのできる子どもに育てるには

鈴木 佑治 教授

NHK教育テレビ
「えいごであそぼ」
前・監修者

鈴木 佑治 教授

立命館大学
生命科学部教授
慶應義塾大学名誉教授


コミュニケーションのための英語

「英語を話せるようになる」のに一番ダメなことは「詰め込み教育」です。
楽しく遊びながら、「自分の気持ちを英語で表現できるようになる」ことを目指しましょう。まずはCDを聞かせたりDVDを見せるなどたくさんの英語に自然と触れさせてください。英語の歌を歌ったり、英語の歌に合わせて体を動かしたり、ゲームをしたり。そうするうちに「英語で遊ぶのって楽しいな」と子どもが思い始めたら、英語コミュニケーションの第一歩は大成功だと言えます。

できるだけ小さなうちから

個人差はありますが、母語となる言語の基礎(日本人の場合、日本語)は4歳半ぐらいまでに形成されると言われています。さらに言語能力のほとんどは、12歳ぐらいに形成されるのです。小さいころから、たくさんの英語を聞いていると、日本語にはない英語の音を聞き分ける力がつきます。
初めのうちは、聞いているだけで構いません。英語の音とイメージを蓄積することにより、英語を使いこなすための基礎力が着実に身についていくのです。




英語教育は幼児期が始めどき!TOP