佐藤先生インタビュー)第4回★絵本の魅力って? « えいごであそぼプラネット編集部ブログ|はじめてあそぼDVD無料プレゼント中!

えいごであそぼPLANET通信

えいごであそぼPLANETに移動する-->

佐藤先生インタビュー)第4回★絵本の魅力って?

2014年6月19日 投稿者:えいごであそぼプラネット編集部

NHK「えいごであそぼ」総合指導の佐藤久美子先生に、英語子育てについて伺うインタビュー記事の第4回。

今回は、絵本を上手に活用して英語子育てを実践されてきた佐藤先生の経験談も交えて、英語絵本の魅力に迫ります。

佐藤先生_絵本--絵本を英語子育てに取り入れる良さとは何でしょうか?

英語に触れる方法はいろいろありますが、絵本の良さとは、絵で内容が推測できるうえに、音の聞きやすさにあると思います。また、自分が体験したことを思い出しながら、内容を推測することもできます。

子どもは絵本が大好きです。それは日本語であれ、英語であれ同じことです。

たとえ、お子さまの語彙が少なくても、お父さまやお母さまが感情を込めてゆっくり読めば、お子さまは音を聞き取り、絵を見ながら、自分の体験を思い出しながら、意味を理解することができるようになります。ぜひ、夜、寝る前に絵本を読み聞かせして、親子で会話を楽しんでほしいですね。

 

--どんな英語絵本を選べばよいですか?

ストーリーのわかりやすさは大切ですね。私も子どもが幼いときは、毎晩のように読み聞かせをしていたものです。息子が気に入っていたのはRichard Scarryの “Counting Book” と  ”Word Book” でした。日本語とは違う音の響きを聞くのが楽しかったようです。

 

--どのように楽しまれていたのですか?

絵本を読みながら、big-bigger-biggest のように形容詞の比較級や最大級に自然に触れたり、英語で数を100まで数えたり、声を変えて読んでみたりと、絵を見ながら、読み手がいろいろ工夫をして読むことができる楽しい絵本でした。

表紙だけでも得られる情報はとても豊富で、絵を見ながら、息子と「ウサギちゃんがいるわね。何をしているのかしら」「歯みがき!」「そうね、歯みがきしているのね。あなたもしてみる?」などと会話を楽しんだものですよ。

そして、ページをめくっては、絵を指さして “Who is this?” と問いかけ、息子が “It’s mom!” のように答え、私が再び “That’s right.” と、英語での会話をつなげていったものでした。そうしたやり取りをしながら、徐々に絵本のストーリーに入り込んでいくのです。

 

--絵本を読み聞かせする際に気をつけることはありますか?

とにかく、絵を一緒に見て、そして英語の音をよく聞かせることです。子どもは音を聞いて、それが何かを絵を見て理解していきます。そして、何度も同じ絵本を読むことで、登場人物などに親しみを覚えて、ストーリーに入り込みやすくなるという良さもあるものです。

また、お子さまと一緒に経験したことがあるお話やできごとが出てきたら、○○ちゃんも見たことあるね、○○ちゃんもしたことがあるね、と話しかけます。お子さまは、得意げにその時の話をすると思います。さらに、絵から想像できることを、自分の経験を踏まえながら話し続けることもあります。

お子さまのことばを反復しながら、じっくりと聞いてあげたいものです。「○○したね。そうだね。」「うん、かわいかったね。」「そうだね、おもしろかったね。」というように、お子さまが使った表現を反復しながら相槌を打ちながら聞くことで、お子さまの話したいという気持ちが、さらに促されます

 

--子どもが集中して聞いてくれない場合は、どうしたらよいでしょうか?

低年齢のうちは、読み聞かせをしても、ストーリーを味わい、静かに展開を追うような読み方はできないことが多いものです。でも、無理にストーリーを追わなくてもかまいません。そんなときは、お子さまが関心をもった絵や音などについて、一緒に話しながら楽しむのもひとつの読み方だと思います。

そして、お父さま、お母さまはゆっくりとわかりやすい言葉で、お子さまに話しかけてあげてください。そうすることで、お子さまが、日本語でも英語でも話しやすい空気が生まれ、絵本の楽しさを感じることができるでしょう。

 

--英語だからと、気負わなくていいんですね。

親子で一緒に楽しむことが大切なのです。お父さま、お母さまが楽しんでいれば、お子さまも楽しいと感じ、英語を好きになれますから。

お子さまが幼少期に味わった楽しい経験は、成長してからも記憶に残っているものです。そして、英語の音も耳に残っています。そうした経験をしたお子さまは、たとえ、一時的に英語から離れることがあっても、再び英語に触れたときに、違和感なく英語を受け入れることができるものなのです。

======
【内容(全5回)】

第1回 英語の始めどきはいつ?

第2回 英語子育てで大切なことは?

第3回 『えいごであそぼ』番組活用のヒント

第4回 絵本の魅力って?

第5回 絵本読み聞かせアドバイス
======


佐藤久美子 先生 玉川大学大学院教授/ NHK「えいごであそぼ」総合指導

佐藤久美子 先生
玉川大学大学院教授/
NHK「えいごであそぼ」総合指導