えいごであそぼPLANET

GOOD DESIGN AWARD 2013
えいごであそぼプラネットTOP> えいごであそぼプラネットとは?

えいごは きみの ちからになるよ

NHK Eテレの人気子ども番組 「えいごであそぼ」から生まれた幼児英語教材

放送開始から20年を超す、NHK Eテレの人気子ども番組「えいごであそぼ」から誕生した幼児英語教育セット教材。「子どもたちに英語に親しんで興味をもってもらいたい」という番組コンセプトに基づいて制作されました。番組に登場するキャラクターたちの絵本や映像の世界を楽しむうちに、子どもたちに自然に「英語を話してみたい」と思ってもらえるように、たくさんのアイテムをそろえました。

えいごであそぼプラネット 10年の歴史(歩み)

  • 2003年10月

    「英語であそぼ ヤミーボックス」発売

  • 2008年5月

    「えいごであそぼプラネット」モッチコース/ケボコース発売

  • 2013年5月

    「えいごであそぼプラネット」BEAのきけたよコース/BOのいえたよコース発売

名前の由来 〜どうして「プラネット」なの?〜

私たちが住んでいる星、プラネット アース(=地球)。
未来の子どもたちは、これからこの星全体を考えて生きていくようになるでしょう。
子どもたちが大きな夢をもって、広い世界へと飛び出していけますように。
そんな想いから、「プラネット」という名前が生まれました。
企画・制作:NHKエデュケーショナル/旺文社
発行・販売:旺文社

KEBO&MOTCH Character Copyright © KASHIWA SATO/NHK EDUCATIONAL
JB Character Copyright © NHK /NHK EDUCATIONAL

無料DVD付!資料請求 ご購入はこちらから
ページトップへ

遊びからはじまる、えいごの旅へ出発しよう。

えいごであそぼプラネットには、幼児期から
英語を楽しく身につけるための工夫がいっぱい。 歌やDVD、CDなど、英語への好奇心をふくらませる 楽しいアイテムに加え、プラネットだけのオリジナルツール
音のでるペン「えいごペン」が、絵本やゲーム、絵辞典の魅力を倍増させます。
BOやBEA、エリックさんたち番組に登場する
キャラクターたちといっしょに、楽しいえいごの旅へ出発!

あそびで育つ、2つの「えいごができたよ!」

きけたよ!好奇心で理解力が育つ マネっこで表現力が育つ

「えいごの力」の土台となるのは、「きけたよ!」と「いえたよ!」の2つの「できたよ!」。
歌や読み聞かせをたくさん耳にする。絵本やアニメをたくさん見てイメージをふくらませる。
えいごペンで何度も繰り返し遊ぶ。好奇心がふくらむうちに、
やがてお気に入りのセリフのマネからはじまり、
お話したい、伝えたいという英語の表現力が自然に育っていきます。

子どもの「わかりたい、伝えたい!」という自発性が生まれるのは、「遊び」から始めるからこそ。
どうぞ親子でいっしょに「えいごの力」を楽しく育んでください。

「できたよ!」を育てる4つの特徴

親も楽しめる仕掛け満載。
読み聞かせやゲームで親子の絆が深まります。

えいごペンやゲーム、絵本の組み合せで魅力倍増!飽きずに遊べます。

お子様の成長具合と個性に合わせて
工夫して使えます。

おなじみの教育番組「えいごであそぼ」のキャラクターが登場!

無料DVD付!資料請求 ご購入はこちらから
ページトップへ

あそび上手・音マネ上手の幼児期がチャンス!

佐藤久美子先生
  • 1. 音マネ上手な低年齢のうちがチャンス!

    2〜5歳の子どもは日本語と英語の音が同じように聞き取れ、音マネも上手です。低年齢の時期に英語に触れて楽しかった経験は記憶として残り、その後しばらく触れていなくても、再び違和感なくその世界に入ることができます。

  • 2. おうちのかたもお子さんと一緒に楽しみましょう!

    子どもは、お母さまやお父さまが好きなことは自分も好きだと感じるもの。おうちのかたが英語に楽しんで触れていれば、お子さんもきっと英語を楽しめることでしょう。

  • 3. 「わからない」は楽しいこと!

    おうちのかたが「英語を教える」必要はありません。お子さんは、英語のルールや表現に自分で気づくものです。絵本を何度も読むうちに「そうか、moonって月のことなんだ」とお子さん自身が「発見する喜び」を味わうことが大切なのです。そうした瞬間に「英語って楽しい」という気持ちが芽生えるでしょう。

  • えいごであそぼプラネット総合監修

    佐藤久美子先生

    玉川大学大学院教授。NHKEテレ「えいごであそぼ」の総合指導、NHKラジオ「基礎英語3」の2013年度講師をつとめる。

えいごであそぼプラネット Can-doリスト(できるようになること)

英語を聞いて体を動かせる

  • 英語の歌やリズムに合わせて体が動かせる
  • チャンツや歌にあわせて声を出せる

簡単なやりとりが英語でできる

  • インタラクション(人とのやりとり)を楽しめる
  • ママや先生に、動作や指差しによって気持ちを伝えられる
  • 簡単な日常あいさつや基本的な表現が英語で言える

身近な単語を理解してストーリーを楽しめる

  • 絵本のお話に耳を傾け、絵を見ることができる
  • 絵本の内容について、日本語で質問したり、答えることができる
  • 絵本の内容とかかわる自分の経験について日本語でお話ができる
  • 絵本のお話を覚えていて、読み終わったあとで主人公などの絵が描ける

語彙・文字への興味が育つ

  • 英単語の反復ができる
  • 歌やチャンツ、絵本の読み聞かせを聞いて、なじみのある単語を理解できる
  • チャンツや絵本にでてきた短い文の一部、あるいは文全体を反復できる
  • アルファベットに興味をもつ
無料DVD付!資料請求 ご購入はこちらから
ページトップへ

えいごであそぼプラネットに登場するキャラクターたち

ボーは、ふだんはおっとりした男の子。ビーは、とっても元気な女の子。そんな二人は歌が大好き。教材の中では二人がリズムに合わせてチャンツをしてくれます。
ギターを片手に日本中のお友だちのところへ遊びにいきます。みなさんもそんなエリックに、DVD「だいすきエリック!」で会えますよ!
子どもたちに絵本を読んであげるのが大好きな魔法使い。「ベル家の絵本」は、ふたりがみなさんに読み聞かせをしてくれます。
エディ、エマ、ピンキー、パパ、ママ、おばあちゃんのとっても仲良しなネズミの一家。「ベル家の絵本」ではベル家のみんながいろいろなところへお出かけします。
ページトップへ